2020年6月30日火曜日

最寄りのスーパーマーケットで買物をした


最寄りのスーパーマーケットで買物をした
「もよりの」と言っても四キロ先の「もより」である。歩いて行って、(物の入った袋を持って)歩いて帰ってくる距離ではない。車で行った。(ちなみにコンビニはもっと近くに在る。それでも二キロ先だ。私はもう少ししたら年七十、車に乗れなくなったらどうしたものか)
その店の駐車場は半地下に在って「エスカレーター」を使って売り場に上がる構造だ(この店を越えてエスカレーターのある建物に出会うにはもう二キロ先に足を伸ばさなければならない)
長々、情けない買い物事情を述べたが、私の伝えたいことはこの事ではない。物買いを済ませてうす暗い半地下に降りた。館内放送であろうか、鳥の鳴き声が駐車場に満ちている。耳を澄ませて聞いてみると「ツバメ」のそれである。洒落た演出だなと低い天井のスピーカー辺りを見上げるとツバメが飛び交っているではないか。さすれば遥か南洋から飛び来たって此処を子育ての寝蔵と定めたらしい。
(お前んとこの駐車場で車にフンをされた、どうしてくれる?)の声が聞こえて来そうである(お客さん、おめでとうございます。当たりですね、皆がミナ落としてもらえるわけではありません。それに、フンは鳥のお尻を離れた途端に鳥の所有から離れるんです。原発事故の放射性物質は広く山河に降り注ぎましたけれど「東電」はその所有を放棄しています)
帰途の車中でそんな妄想をした。「ツバメ」どうか幸ウンに恵まれて南洋を目指して飛び去ることを願っている。

2020年5月14日木曜日

コロナ後のこと

昨日の事だ、家の電話(固定電話)にたて続けて「ご不要の貴金属、古い品物(骨董?)などございませんでしょうか」と掛かってきた。二度目の電話には「さっきも同じ電話を受けたで」と言うも「私は一度しか掛けていません。いずれにも丁寧にお断りしたけれど、久しぶりだなこんな調子の電話。コロナ非常事態後を世間は走り始めたらしい、と思っていたらまたベルが鳴って、「三十年前にシロアリでお世話になりましたサ二○○スです」だって。

2019年9月22日日曜日

ワールドカップラグビー

ワールドカップラグビーを観ている。思うこと感心しきりなことを記すれば、このガチンコ格闘競技に於いて「ルール」「審判」が何時においても尊重されているという事だ。笛ひとつ鳴れば審判の判断にすべての競技者は従う。ところで、貴賓席でのこと。日本のジャージをまといゲスな応援をしていた面子がいた。彼らは審判にもルールにも従わないという事であの場に居るのだと私は思ったことだ。

2019年7月23日火曜日

吉本・芸人・反社会的

「吉本」の一連の報道をみて。所属の若手芸人が押し並べてイジメられキャラなのが解った。彼ら彼女の芸は芸でもなんでもない本音だったんだ。ところで、いじめる・イジメられる構造のなかで、幸いにして?いじめる側にまわった「ベテラン芸人」が事の収束を試みているらしい。しかし、舞台の裏が見えてしまった以上、これから「心から吉本の芸を楽しむヒト」がいるのだろうか。もしも居るとするならば「パワハラ・セクハラ」を好むヒトに違いない。

2019年5月5日日曜日

連休

車を手放したら「買い物難民」になるような所に棲んでいる。四キロばかり運転して最寄りのスパーマーケットに行った。我が子と同年代だろうかと思われるレジスター使いの女性に「連休は休みが有ったん?」と聞いてみた。彼女は何時も突っ慳貪なので私はそれを好んでいるのである。「ありません。!?」言われてみればスーパーはかくのごとく営業しているし、ガソリンスタンドもまた同様である。してみれば、此の大型連休は誰が休んでいるのだろうか。「やんごとなき」人々はいつもよりもお忙しい様子であるし。

2019年5月1日水曜日

身を震わせる度に

今は昔、愛国少女だった人(聞くと退位したヒトとは歳ひとつ下だそうだ)が言うには「天皇制が身を震わせる度に身分差別・男女差別がしばらく洗っていない頭からフケのように降ってくる感じ」だそうだ。このクニの人々の意識の底に溜まっている澱の様なものが揺さぶられて湧いてくるのだろうか。

2019年1月31日木曜日

ゴーン

「ニュース ゴーン氏報酬を聞きて歌える」
「札」をヲバ厚みで計るよなあなたに憧るる 枚数で数える日々に疲れて

ユーラシア大陸、東方の海に浮かぶこの島にわざわざやって来る外国人には歴代、代々「ペテン師」が多くいた。し、今も居るということだろう。